再発防止のために

8月 30, 2016

0

再発防止のために

Posted in : うつ病のケア on by : first

bsBL010-aremoshikashite20140810

再休職してしまうというケース

うつ病というのは実は再発してしまう可能性の高い病気であることがあまり知られていません。
病院に通い、専門的な治療を受けて、回復したと思われた患者が、実は治っていなかったというケースは珍しくないのです。
せっかく復職することができたのに、わずかな期間だけ働いて、また再休職してしまうというケースはよくあります。

うつ病については治療のことだけを考えるのではなくて、再発防止にも気を使うことが重要なのです。
まず、元の生活に戻ったとしても、いきなり無理をするのではなくて、リラックスする時間を確保するべきです。
こころをオフにできる時間をきちんとつくってあげることが大切であり、それによって再発防止となります。

また、うつ病にかかる方というのは悩み事を周りに相談できない人が多いです。
そのため、再発を防ぐためには、何かあればすぐに相談できるような相手をつくるべきでしょう。
家族や友人、あるいは職場のカウンセラーなど、何かあったときに気軽に話しかけることができるような相手の存在は大切です。

きちんとした睡眠を確保して、体とこころを休めることはとても大事なことです。
安定した生活リズムを確保して、基本的な生活習慣を整えることも大切でしょう。
復職したあとでもきちんと病院で治療を継続して受けることが大事なため、医療関係者とは良好な関係を築くべきでしょう。

性格を変える

そもそも、うつ病になってしまう方というのは性格的にうつ病になりやすい方が多いのです。
そのため、本人の性格を上手く改善することができないと、またうつ病になってしまう可能性が高いのです。
失敗をしたり、不安なことがあったとしても、上手く開き直ることができるのはとても大切です。

多少自分勝手な考え方であっても、そのような考えを持つことは駄目なことではないです。
基本的に他人に迷惑をかけないのであれば、どのような心構えで生きていたとしても問題はないのです。
また、それが犯罪ではないならば、多少の迷惑を周囲にかけたとしてもどうということはないことを理解しましょう。

多くの方は周囲の人達に何らかの迷惑をかけながらも生活をしているものなのです。
他人と集団生活を送るということは、お互いに迷惑をかけながら生きることだと理解しましょう。
責任感を強く持つようなことはせず、自分がしなければいけないことは極論すれば何もないと気が付きましょう。

完璧主義でいる必要はなくて、いい加減な気持ちで生きていっても構わないのです。
このような考えを持って生きていくことによって、うつ病の再発を防げるでしょう。