達成感のあるスポーツをする

10月 28, 2016

0

達成感のあるスポーツをする

Posted in : うつ病のケア on by : first

bsshiosio_kasdfjk

ストレスが生じにくくなる

うつ病を予防するためにはストレスを解消するのが良いのですが、そのためにはスポーツはとてもおすすめです。
運動をすることによってストレスを大きく発散できることはよく知られています。
スポーツをしていると脳内物質が盛んに分泌されるようになり、そのためにストレスが生まれにくくなります。

血行が良くなることで、脂肪が分解されるようになり、脳内物質は次々と合成されていくでしょう。
もともと人間というのは体を動かす生き物であり、運動はとても大切なことなのです。
特に運動不足になっている方や、普段運動をする習慣のない方は毎日の生活の中に運動を取り入れてみましょう。

スポーツとしておすすめなものは目標を設定することができて、達成感のあるものです。
達成感というのは自己肯定感や自信をつけることにつながるため、うつ病に良い効果を発揮するでしょう。
うつ病になってしまう方は、自分に自信を持てないで悩んでいる方が多いのです。

そのような方がスポーツに打ち込むことによって、自分にもできることがあると自覚できるでしょう。
難しいスポーツに挑戦して、試行錯誤を繰り返しながら上達を目指すのも良いです。
ただし、スポーツをやることが辛くなってしまうと逆効果のため、自分が無理なくできるものを選ぶと良いでしょう。
一人だけでできるスポーツでも良いですし、大勢で楽しくやれるスポーツでも良いです。

うつ病に効果的な運動

うつ病にかかっている方やまだかかっていない方でも、すぐに運動を始めるべきでしょう。
思い立ったときに運動ができるように日常生活の中に無理なく取り入れるべきです。
ただし、あまり体に負荷のかかるような運動は避けるようにして、翌日に疲れが残らないものを選びましょう。

たとえば、無理にスポーツをしなくても、軽く散歩をする程度でも効果はあります。
うつ病の症状が軽いときにはある程度疲れるスポーツに挑戦してみても良いでしょう。
もし治療中ならば、どのような運動やスポーツをやろうと思っているのか絶対に相談するべきです。

運動をして疲れが残ってしまうとそれがうつ病の治療に影響を与えてしまう可能性があるからです。
体力を増強したり、筋力を増強するなどを意識する必要はありません。
あくまでも自分が楽しい気持ちになれることを重視して運動に取り組みましょう。

運動は毎日続ける必要はないのですが、できれば週に3日以上はやりましょう。
理想的なことをいえば毎日運動を続けるのが脳にとっても一番良いことです。