うつ病の種類とその特徴

1月 28, 2016

0

うつ病の種類とその特徴

Posted in : 基礎知識 on by : first

shurui

症状から判断

うつ病には、メランコリー型うつ病と非定型うつ病の二種類が存在しています。
これらのうつ病のどちらにも共通する要素としては、意欲が出なくなり、心から喜べなくなり、睡眠障害になったり、朝起きられなくなります。
強い疲労感が生じるようになり、思考力や集中力が失われてしまいます。

死について考えるようになり、最悪の場合は自殺をしたいと思うようになります。
これらの症状はどのうつ病にも共通するもののため、逆にいえばこれらの症状が出たときにはうつ病を疑いましょう。
次にメランコリー型うつ病の特徴についていくつか紹介しましょう。

まず、一般的にメランコリー型うつ病にかかるのは真面目な性格であり、周りに配慮ができる人です。
仕事熱心であり、責任感が強くて、融通をきかせることができない頑固なタイプの方が多いです。
このような性格だからこそストレスをためやすくなり、それが発展してうつ病となってしまうのです。

強迫観念が生じてしまい、上手くリラックスすることができなくて苦しんでいるケースが多いです。
このような性格のため無理をしてしまうことが多くて、つい仕事に熱中してうつ病が進行してしまいます。
障害としては、食欲がなくなり、不眠症になってしまうことが多く、自分のうつ病を隠そうとします。
このタイプのうつ病の場合は周りからのサポートや理解がないと治療は困難となるでしょう。

非定型うつ病の特徴

否定形うつ病はメランコリー型とは異なり、責任感がなくて、わがままで自分勝手な人がなりやすいです。
責任のある仕事をしたがらず、他人のせいにばかりしていて、うつ病に関してはむしろ自分から周りに公言します。
嫌なことをしたくないときに症状が出てしまい、自分の好きなことに対しては症状が出ません。

症状に関しては嘘をついているわけではなく本当に出てしまうため、とても苦しいです。
たとえば、仕事をするのが嫌な場合に症状が出てしまい、起き上がることすら困難なことがあります。
一見さぼっているように思われるのですが、本人としては苦しい状況になんとかして耐えている状態です。

こちらのタイプのうつ病に関しては甘えとみなされてしまうことが多く偏見も強いです。
ちょっとしたストレスでもすぐに症状が出てしまうことがあり、ストレス耐性が弱いといえるでしょう。
無意識のうちに病気を利用して自分が楽をしようとしていることは否定できないでしょう。

非定型うつ病に関しては適応障害やパーソナリティ障害が背景にあるケースが多いです。
どのようなうつ病にしても、きちんと精神科医に診断をしてもらい、適切な治療を受けるべきです。