認知療法

5月 29, 2016

0

認知療法

Posted in : 予防・治療法 on by : first

特有の思考パターン

うつ病を治療するための方法として認知療法が用いられることは多いです。
精神科医や臨床心理士のもとで専門的な治療を受けられるため、症状はどんどん改善されていくでしょう。
うつ病というのは特有の思考パターンがみられて、それによってどんどん苦しい状況に追い込まれてしまいます。

認知療法というのは、人間の感情が思考パターンによって決められることを前提として、ゆがんでしまった考え方を修正しようという治療なのです。
これによって、うつ病になる前の正常な思考パターンを取り戻して、症状を改善させることが目的となります。
たとえば、うつ病の人によく見られるパターンとして、すべてが駄目なことだと決めつけてしまうことが多いです。

少しでも駄目な部分があるとそれをすべてが駄目なのだと決めつけてしまったり、取り越し苦労をしてしまうことがよくあります。
このような思考を続けている限りは、日常生活を送っていても全然楽しくないでしょう。
余計に憂鬱な気持ちが増幅されていき、悪循環となってしまうのです。

そこで認知療法を受けることによって、考え方やものの見方のゆがみを直していきます。
客観的に考えることができるようになるのを目標としています。
医学的に効果的だとされている方法を用いて、少しずつ治療を進めていくのが認知療法です。

認知療法の具体的なやり方

認知療法ではまず思考記録表を作成して、自分の頭の中を整理する方法をよく用いられます。
自分の日常での悩みや問題について、7つの情報を書いてみることによって客観視できるようになるのです。
いろいろな角度から一つの物事を見つめなおしてみることによって、頭の中は自然と整理されていくでしょう。

紙に書くという方法はとても辛いものであり、嫌な気持ちになってしまうこともあるのですが、自分のことを知るための良い機会となります。
そこで自分がかなり歪んだものの見方をしていることが分かるケースが多いのです。
意識的に思考の原因を探っていくための記録のようなものであり、それによって得られるものは大きいです。

自由な視点でものごとを観察できるようになることが目標であり、その中で自分にとって本当に大切なことは何なんかを考えていきます。
つまり、認知療法というのは単に医師から受動的に治療を受けるのではなくて、自分から積極的に関わっていくことが大切です。
医師はサポート係としてさまざまな場面で助けてくれるでしょうが、最終的には自分自身の力でうつ病における思考パターンを改善していきます。
認知療法はとても効果があるとされており、薬物療法と併用して治療が行われることが多いです。